ここから本文です。

profile

設楽 茂男 Shigeo Shidara

東京国分寺生まれ、中学生の時に偶然観た入江泰吉氏の大和路の作品集が写真という表現を意識し始めた最初であったと思う。高校生になる頃、音楽雑誌ミュージックライフでDAVID BOWIEの写真を観て衝撃を受け、大好きなRock Musicianの写真やHipgnosisがデザインしたレコードジャケットに惹き込まれるようになって行った。そしてある日、家に送られて来たJUNの広告のDMで、伝説のモデル“Lauren Hutton”がスタジオでメイクアップされスタイリングされながらポーズをとる白バックの写真、それがあの巨匠 ”Richard Avedon“の作品だったということを後に知るのですが、このDM一枚で僕はFashion Photographerを目指すことを心に決めました。大学に入り免許を取得すると同じ頃に波乗りに魅せられ、免許はあるが車がない、いっそのこと海のそばに住もうと大学が厚木にあったことも理由に、親元を離れ茅ヶ崎へ移住、毎日チャリンコで海に行く日々を送っておりました。気が向けば朝焼けの空や夕陽に輝く海の写真を撮って、時折Surfing雑誌などに掲載、その後東京へ戻り数年間の修行時代を経てNYやLondonにも行き作品撮りをしておりました。デビューのきっかけとなったのは、アシスタントを卒業して間もない頃、友人のイラストレーターから個展の誘いを承けました。それは青山で小さなカフェを営んでいた彼女の友人の旦那様が交通事故で急逝し、彼の夢であったギャラリーを持つことという遺志を奥様が継ぎ、その小さなカフェを改造して始めたギャラリーでしたが個展を開いてくれるアーティストが中々見つからず困っているとの事でした、まだまだ個展を開く程自分で満足出来る作品は少なかったけれども、これはヤルしかないなと、見切り発進で開催したのが、今思えばデビューだったのかも知れません。そしてその時、僕の様な無名の新人の個展に足を運んでくれたADや編集者の方々から仕事の依頼が来るように成りプロスタート!更にその頃マガジンハウスが出していたELLE JAPON誌がHachette JAPANの出版に変わるというので新編集部に、不躾にもその個展で展示した中からモノクロのプリント作品10点を印画紙のまま郵送したところ、当時ELLEのFashion Directorであった原由美子さんからカラーの作品も見たいとの連絡を頂き、編集部にBOOKをお持ちして見て頂くと、その場でスケジュールを聴かれ、そのままそこに居たスタッフと編集長と打ち合わせに入り、数日後に撮影、その作品群がリニューアルしたELLE JAPONの創刊号の表紙と巻頭Fashion story,ビルボードの広告ポスターに決まり、今に至っております。

brief history

                       
2017

STUDIOコンセプトのプランニング及びConsulting for department store 現在進行中   昨年の4月に恵比寿西から 世田谷区の下馬へ事務所を移転 30年ぶりに渋谷区を離れることに成りました

2016

INFINITY 5 PHOTO INFINITY TOKYO 展 を青山の骨董通りhpgrp GALLERY TOKYOにて開催

2015

事務所移転 20年近く慣れ親しんだ渋谷区東から恵比寿西へ直線で500m移動しました

2014

INFINITY VS展 渋谷PARCOにて開催 出品タイトル "As Tears Go By"
INFINITY VS展 名古屋PARCOにて開催

2013

PV及びFASHION web用MOVIE 監督&撮影 始める PAL,DRESS他

2012

グループ展『infinity3』 nude "DARK SIDE OF THE MOON" 作品 キャンバス地にプリント 10点出品

2011

グループ展『infinity2』 for311 911に登頂した富士山山頂で撮った被災地方面の夜明けの写真17点を含む 29点 出品
セブン&I ホールディングス セブンイレブンキャンペーン広告撮影
東方神起&少女時代

2010

Visual Creative direction&コンサルティングの仕事開始

2009

Samantha Thavasa 表参道ビルボード & TVCM

2008

TICAD Ⅳ アフリカ写真展@横浜

2007

08’JAL CAカレンダー、08’蛯原友里カレンダー

2006

07’JAL CAカレンダー、07’蛯原友里カレンダー (小学館)、鈴木えみ写真集 (集英社) 参加。

2005

上海でMASTERS CUPを観戦、感動!

2004

AFRICA KENYAに行き影響を受ける。

2003

MODEL DAYS 2004 SHIHO 制作。

2002

MODEL "SHIHO" 写真集参加。

2002

渋谷PPPで柘植伊佐夫氏と "植林対談" を始める

2002

柘植氏とVisual Education System "DARTPACs" 創設に参画。

2000

アーティストのためのエージェント "1 More Roll inc" 設立。

1999

日経WOMAN誌上でコラム "bitter sweet life" 掲載。

Publish photograph collection, "bitter sweet life"

1998

"bitter sweet life" 写真集出版。

Private Exhibition

1994

(有) 設楽茂男事務所設立。

Establish Shigeo Shidara Office

1993

エージェントIMAGEに入る。

Work with IMAGE

1988

フリーランスとなる。

Start freelancing

1988

青山 "pinpoint gallery" にて初の個展を開く。

1984

大山千賀子氏師事。

Study under Chikako Oyama

editorial

ELLE JAPON (アシェットフィリパッキジャパン)、FIGARO japan (TBSブリタニカ)、SPUR・non・no Seventeen (集英社)、Frau・VOCE (講談社)、H・BUZZ (ロッキング・オン)、an・an・BRUTUS (マガジンハウス)、Spring・Cutie (宝島社)、Marie Claire (中央公論社) ハイファッション 荘苑 (文化出版社)、流行通信 (流行通信社)、Oggi・Domani (小学館)、Vingtaine (婦人画報社)、日経WOMAN (日経ホーム出版社)、 HARPAER'S BAZAAR (エイチビージャパン) (順不同、敬称略)

client

ポカリスエット、ファイブミニ (大塚製薬)、NTT・NTT perspnal、NTTコミュニケーションズ、JAL'96 '97カレンダー、Canon、JR東海、ワコール、資生堂、KOSE、花王、AUBE、伊勢丹、西武百貨店、大丸、京王百貨店、丸井、ルミネ、MIKIMOTO、ヴァンドーム青山 、4℃、サンエーインターナショナル、レナウン、三陽商会(TO BE CHIC 他)、オンワード樫山、ワールド、イトキン、JAVAGROUP、NICE CLAUP、MEN'S BIGI、ROPE、CBS、SONY、ビクター音楽産業、パイオニアLDC、ポリドール、PONY キャニオン、ヤマハ音楽 OLD ENGLAND、COCA COLA'03、DHC、BIOTHERM2000、LAURA ASHLEY、2007JAL.C.A.カレンダー、Chloe、eats (順不同、敬称略)